2011年1月7日

黄金の扇形ベース

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



ま、まぶしい。まぶしすぎる…。

新年にふさわしいめでたいカラー。黄金色のベースです。


まぁ、新年にふさわしいとか言いつつ、こちらが入荷したのは遠い秋。

昨年の10月のことでした。


2ケ月サボっていた間にも、ブログネタは増殖し続け、

写真フォルダにはご紹介予定のものがズラリ。

地道に放出していかねば…と先ほど誓ったばかりです。


今年のテーマは『地道に』を掲げ、いつの日か合う帳尻を夢見て、

せっせと皆様にtiarの10月〜1月の記録をお届けしてゆきたいと思います。


このまぶしさは、きっとそんな「いつか」の出口の光。

2011年1月7日

分銅風ベース

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



2ケ月の間にいろんなものが錆付いてしまったようです。

まず、こちらのタイトルをご覧になればおわかりの通り、

明らかにネーミングセンスが衰えています。


では、今までのものが良かったかと問われれば、それは大盛のひいき目で、

「まぁまぁ」というところだったと思うのですが…。


それはさておき、分銅です。小学生の頃以来お会いしていないですが、

そっと上皿天秤に載せる、あの緊張感は今もこの胸に。

そんな肝っ玉の小さい私に、分銅を彷彿とさせるフォルムのベース。


まさに分銅色と、緊張感をほんの少し和らげてくれるホワイトの2色。

ちなみにこちらの分銅風ベース、天秤が壊れる程度の重さです。

2011年1月7日

クロコダイル柄の扇形ベース

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



過去に何度か「豪華」「高級」という言葉を以って、様々なアイテムを

ご紹介させていただいてきました、こちらの【tiarの宝箱】ですが、

かつてこんなゴージャスなベースがあったでしょうか!!


よーく見て下さい。クロコダイルの型押し装飾です。

いやぁ、どのような手法で作られたかはわかりませんが、

なかなか細かい仕事されてます。リアルさがほんの少し恐ろしいほどです。


しかも、さすがクロコダイル様。その強さゆえ、誰にも媚びない姿勢。

カラーは白黒の2色のみだ!!文句ないだろ!!といった感じの。


いいですねぇ、このベース。

クロコ製品はひとつも持ち合わせていない私ですが、これはいい!!

なんだかお金も貯まりそうですし、財布にしようかしら…とか。

2011年1月7日

小さなコンポート

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



しばらく濃い味のベースが続きましたので、ここらで箸休め。


小さなコンポートタイプのベースです。

小さいながらも手は抜いていません。お得意のアンティーク加工も施し、

宮殿にだってお嫁にいけちゃう、小さな気品溢れるお姫様です。


高さは20cmくらいでしょうか。

アレンジメントの真ん中に据えるのも、姫らしくていいかもしれません。

2011年1月7日

空き缶風ベース

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



いいネーミングが思いつかない時は、必ず「〜風」でごまかします。

どうも、ネーミングセンスマイナス急降下中のtiarです。


でも、空き缶は言い得て妙だと思うのですが、いかがでしょうか?

この汚された感じ、潰された感じ、無機質な感じ。

道端に転がった切なげな空き缶が、ここにいます!!


こんな風の強い日は「カランコロン」と音を立て転がってゆくのでしょうか。

空き缶の旅がらす。あぁ、木枯らしの中どこへゆく。

そんな空き缶浪花節を妄想しながら、皆さんへお知らせ。


空き缶はくずかごへ。

旅がらす中の空き缶を見つけた場合もくずかごへ。

2011年1月7日

ウッドな額縁ベース

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



いい風合いの木製ベースです。

額縁のような形をしていますので、壁に飾っても素敵です。


実は早速ある方のお家へ、お正月の玄関飾りとして派遣されました。

そのお写真も追々ご紹介できるかと思うのですが…

果たしてお正月気分の許されるうちに、そこまで辿り着きますかどうか…。

緩いお気持ちでご期待いただければ、と思います。


まさかの紹介@Twitterということも考えられます。

皆さん、Livedoorブログを是非ともご覧ください。

左側にこっそりとtiarのつぶやきが更新されております。ご確認を。

2011年1月7日

真っ白なウッドボックス

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



ウッド素材、続いてまいります。

こちらはペンキでざくっと塗られた味わいの、シンプルなボックスです。


生憎、tiarの『自称フォトスタジオ』の真っ白な背景では、

同じく真っ白なベースを置いても、全く立体感に欠けますゆえ、

適当に花やベースをあしらってみました。


写真を改めて(そう、2ケ月ぶりに)見てみると、あまりの適当さに驚愕です。

適当のうまいさじ加減を身に付けたい2011。

2011年1月7日

お塩入れ

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



このアンティークさ満杯のかわいいボックス。

アンティークと言えばつき物なのが、このフランス語。


はい、今回も挑戦してみました。恒例(?)独断偏見翻訳。

まず、“GROS SEL”こちらグロッセルと読みまして、粗塩という意です。

そして下の文字は、直訳は避けますが、

どうやらフランス地方のカマルグという三角州地帯で取れたお塩だよ、

とそんな風に書いています。まぁ、だいたいはわかりました。


そこで、注目して欲しいのは、私が写真を撮る際に横に添えた

ティースプーンの存在です。

お塩を取るとき、手で取るのも豪快で結構ですが、スプーンがあれば

手もべたつくことなく助かりますよね?


写真を撮る時は、グロッセルの意味など知らなかった私が。

それどころか、グロスセル、なんて胸中で読んでいた私が。


そっとスプーンを添えたわけですよ。

フレンチの血が囁いたんでしょうね、スプーンが欲しいよ、とでも。


ここまで書いていて、本人が一番あほらしく思っています。

お付き合いいただきありがとうございました。

2011年1月7日

あったかリボンたち

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



リボンと呼ぶには若干の抵抗を感じさせる素材たちですが、

まぁ広い視野と心でリボンと呼ばせていただきます。


見ているだけで、体温が0.5℃くらいは上昇しそうなリボンたち。

微熱のある人は少々刺激が強いかも、要注意。


奥に見えます赤色のものなんか、もはやフェルト布ですからね!!

リカちゃんレベルになると、完全にワンピース作れちゃいますからね!!

いいなぁ、リカちゃん、細いしなんでも似合うし。

おまけにワタルくんなんてイケメンの彼氏もいるし。


あぁ、論点がずれてまいりました。

とにかくこのリボンたち、リカちゃんに負けず劣らずかわいいです!!

(軌道修正若干失敗…)

2011年1月7日

エッフェル塔ベース

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



この写真見て溜息が出ましたよ。

エッフェル塔なんぞ忍ばせて、完全にフランス語翻訳誘導ではないですか。


でも私だってね、限界がありますよ。

無理でしょう、その優雅な筆記体を解体するのは。


というわけで、実はローマ字が書いてあったりして!?なんて予感も

振り切って、横書きは完全スルーで進めてまいります。

だって、日本人だもの。


まぁ、しかしtiarの宝箱からは出てくる出てくる、アンティーク風。

アンティークブームの昨今、明日には今日の私もアンティーク?

2011年1月7日

アップルポット

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



我ながら、横文字ベースばかりぶち込んできますねぇ。

マゾスティックなんでしょうかね?


まぁ、こちらは大丈夫。その形のかわいさに目を奪われ、

おそらく人々は横文字なんか目に入らないはず。

という曖昧な理由で、今回も華麗にスルーです。

まぁ、シャネルの5番とかそんなとこじゃないっすか(投げやり)


リンゴ型かわいいですねぇ。

この形といい蓋といい、シャーベットを思い出しますねぇ。


ちなみに、“cartes”はカード。“trefle”はクローバーという意味です。

結局調べた小心者。あとは各々におまかせいたします。

2011年1月7日

おすわりくん

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



いつの日か走り書きしたメモには、『おすわりくん』の文字。

彼のことでしょう。おすわりくん、語呂も響きも悪いですが、

何か胸の中に残る。しこりのようなネーミング。


というわけで、皆様の心にも新たなしこりを!!

『おすわりくん』で統一させます。


かわいいでしょう?かわいいでしょう?

座った姿がこんなにかわいいのは、コイツくらいなモンでしょう。

「立てば芍薬、座れば牡丹」とか言いますけどね、

牡丹なんか目じゃないですよ!!…って花屋の私が言うのも何ですが。

「立たせれば立てない、座ればおすわりくん」どうぞよろしく。

2011年1月7日

お楽しみBOX

遊び心が生み出す

時にそれは美しく

時にそれは可愛らしく

…遊×tiar…



先ほど【tiarの宝箱】でご紹介した真っ白なボックスに、

なんでもかんでも詰め込んでみました。

お楽しみBOXと銘打ってはいますが、お楽しみさせていただたいのは

間違いなくこちらです、あしからず。


そんなひとりよがりなBOXには、ヒヤシンスに、プリザーブドフラワー、

ほおずきにキャンドルまで。そして鉢物はハッピーベリー。

こちらは後日ご紹介できるかと思います。(運よければ)


さて一体何を始めるんだ!?といった多種雑多なものたちですが、

なんとなく白いボックスにぴったり収まって、心地よさげです。

2011年1月7日

真っ赤なリース

遊び心が生み出す

時にそれは美しく

時にそれは可愛らしく

…遊×tiar…



真っ白なベースときたら、真っ赤なリースでも出して、

よっ紅白だよ、めでてぇなっ!!と洒落込みたくなる似非江戸っ子です。


こちらのリース、ペッパーベリー以外はtiar特製のプリザばかり。

アナベル、アジサイ、センニチコウ。

燃えるような赤色、見事に染まってくれました。


最近ではプリザーブド加工も板につき、商品としてはまだまだですが、

プレゼントできるくらいには進歩してまいりました。


【ブーケの1輪をtiarでプリザーブドフラワーに】

ご興味をお持ちの方、まずはご相談くださいませ。

 
ホームページ制作はオールインターネット