2009年5月27日

セダム

今日もtiarに花がやってくる

彼らのキモチをほんの少し感じてみる


…tiar花…



もう一昨年のことになりますが、

セダム山なるものが入荷したのをご記憶でしょうか?


2年の時を経、セダム山が縮小の憂き目にも負けず、tiarにやって来ました。

憂き目かどうかいざ知らず、以前のより小さなセダムです。


小さくなれど、あの手触りは健在。

いや、むしろ。小さくなることにより、あの心地よさを濃縮している!!


marini*monteanyのマグカップに入れて、濃縮還元100%セダムジュース。

いかがでしょうか?

2009年5月27日

ジューンベリー

今日もtiarに花がやってくる

彼らのキモチをほんの少し感じてみる


…tiar花…



季節の移ろいを爽やかに教えてくれる、tiarの店先のジューンベリー。

クレインフィールドさんに頂いてから、早1年が過ぎようとしています。


そう、頂いたときはたくさんの赤い実がなっていました。

そう、四季が巡り赤い実が再び姿を見せました。


1粒色づいたのを発見し、喜んだのも束の間。

次の日の朝には5粒。次の日の朝には10粒。次の日の朝には20粒。

倍々ゲームのように、伝染するかのように赤く色づいてゆきました。


今では真っ赤な実が甘い汁を滴らせるがごとく、たわわに実っています。

青い春に終わりを告げ、赤い夏が始まろうかとしています。

2009年5月27日

teruniwa-box

今日もtiarに花がやってくる

彼らのキモチをほんの少し感じてみる


…tiar花…



今年もtiarに小さなお庭がやってきました。

クレインフィールドさんの“teruniwa-box”です。

今回は庭全体を写真に収めてみました。

アカツメクサに数種のハーブ、セリンセにキャンディタフト、

ガーベラのつぼみから小さなヒマワリまで。

まだ土で根を張っているかのように、活き活きと輝いています。


アレンジに優しさをプラスしてくれるteruniwa-boxのお花たち。

そんな花があなたの近くにも咲いていませんか?

ほら、その足元に…。

2009年5月27日

てなちゅーる

今日もtiarに花がやってくる

彼らのキモチをほんの少し感じてみる


…tiar花…



新しい品種のバラです。4月頃から石川バラ園さんのおまかせで、

バラの入荷をしているのですが、いつも新しい品種に出会うことが出来ます。

今回初めてのご紹介になります。


こちらは、“てなちゅーる”と書いてありました。

片仮名で書きたいところを、生産者の命名に忠実に従い、平仮名表記です。

柔らかい印象を醸し出す平仮名に、日本人の誇りすら感じます。


幾重にも重なった淡いパープルの花びらは、

1枚1枚それぞれに命が吹き込まれているような気がして、

1人1人に優しくしてあげたくなるのです。

2009年5月19日

宿替え

つれづれなるまゝに、日暮らし、花にむかひて、

心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくる

…つれづれtiar…



以前友人にあげた観葉植物、「クロトン」がだいぶ成長してきたとのことで、

大きめの鉢に植え替えることにしました。


このクロトン、葉の色や形の多彩さから日本では、

ヘンヨウボク(変葉木)とも言われています。

そんなオシャレ好きのクロトンさんですから、たまには宿替えも必要。


今度は渋いグリーンの鉢にいらっしゃい。

住み心地はいかがでしょうか?

そうそう。表札付けておきましたよ。  

『Mr.Croton』

あと、訪ねてくる人に注意書きも。

『Give Me Some Water!!』

ホームページ制作はオールインターネット