2010年5月28日

ローズメール・レクトケース

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



バラのモチーフに消印のような絵柄が、アンティークさを盛り立てる、

そんな宝箱のようなふたつきのボックスです。


商品名のローズメール、レクトケース、いずれについても

全く意味がわからない役立たずの私は、せめてものお詫びにと、

箱に書かれた『JARDINIER』というフランス語について調べました。

英語で言うと、gardener。日本語で言うところの造園家です。


アンティーク加工のおかげで少々読みにくい『Remboursement』にも挑戦。

英語でreimbursement。日本語で償還。…?

なんだか怪しい展開になってきたので、ここ辺りでやめておきます。

本当は背後の走り書きを読めと言われたら困るから、

という理由は内緒です。

2010年5月28日

ガラスケースL

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



Sだけにとどまらず、Lまで購入してしまった、という珍話アゲイン。


こちらは蓋が緩く傾斜して、ショーケースのような雰囲気なのです。

欧米ではブレッドケース、日本では駄菓子ケースに似た趣。

コウヨウザンというスギ科の木を使った、アンティーク加工も素晴らしい。

そして、マトリョーシカ(小)がぴったり入る狙い通りのサイズ設計。


非の打ち所のない彼は、早速モテモテ。

そこらにあるもの全てを懐に収めてしまい、なんだか少々雑多。

でも、優しく守ってくれるからやっぱり彼から離れられない。

2010年5月28日

ガラスケースS

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



アンティーク風やシンプルな雑貨が魅力のCOVENT。

そちらから入荷したガラスケースです。

アクセサリーなどを飾るのに最適なボックス。

それをなぜか花屋のtiarが手に入れちゃいました、という珍話。


最近のtiarはessenceを中心に動いているかのように、

こちらもessence製品を飾る為に仕入れたようなもの。


花はどこ行った?とかいう不毛な議論は、この際お預けで、

時には(頻繁とは言わず)tiarの雑貨コーナーも楽しんでくださいませ。


そして、そのコーナーは次第にtiarの店内を侵食し…

2010年5月28日

マトリョーシカ

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



犯罪級のかわいさ、というものは確かに存在します。

もしこれがどこかにあれば、私は間違いなく盗んでしまうでしょう。

そう、犯罪を犯させるほどの、人間の理性を失わせるほどの、かわいさ。


そんなリスクをあえて背負い込み、ご紹介させていただきます。

5人5色のマトリョーシカ娘たちです。

大小それぞれ5種類のかわいさでございます。


そして、本日。理性を失った男性がひとり。

小5人まとめて+大1人をご所望でご来店。

幸いにも、こちらは売り物でしたので、男性が犯罪に走ることはなく、

2,362円と引き換えに6人を東京へと連れて帰りました。


少々失礼が過ぎましたが、マトリョーシカの幸せな旅立ち。

きっと大切にしてくれることでしょう。

2010年5月28日

リップルボード

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



最近essenceなど陶器商品が多く入ってきましたので、

ワレモノに優しいラッピング方法を探しておりました。


そこで、よくワレモノなどを包んでいる、このダンボール素材の紙。

なかなか名前がわからず、手に入れるに至っていなかったのですが!!

今回インターネットという最大の武器を思う存分駆使して、

商品名をつきとめました結果、リップルボードということが判明しました。


早速売っている場所を探し、爽やかな2色を購入してきました。

バラ売りもされている、なかなかのやり手です。


さて、インターネットが出来るのはここまで。

あとは人間の知恵と手先で、これをうまく活用するのみ。

そこが、1番の難所なのでございます。

ホームページ制作はオールインターネット