2011年6月22日

秋色あじさい

今日もtiarに花がやってくる

彼らのキモチをほんの少し感じてみる


…tiar花…



しとしとジメジメと雨が続く今日この頃。

アジサイでも見て、心に風通しを。


深く深く染まった秋色あじさいの鉢物です。

紫からグリーン、そして抹茶色とでも言うべき、渋い色合い。

その変化が1鉢で楽しめちゃう代物です。


秋色あじさいの独特の渋みは、年老いる美しさを教えてくれます。

色褪せるのではなく、色を重ねてゆく。

怖れず憂えず、年を重ねてゆきたいものですね、特に女性は。

2011年6月22日

羽蝶蘭

今日もtiarに花がやってくる

彼らのキモチをほんの少し感じてみる


…tiar花…


まず初めに、写真の撮り方失敗しました。

羽蝶蘭の、それはもう繊細なミニマムさをお伝えできていません。


そうですね、成人女性の手のひらに軽く2つは載せられます。

小さいですよ、本当に小さいです。


しかし、小さいながら丁寧な仕立て方をされていますよ。

生産者の方の愛情が感じられてくる逸品です。


知り合いから伺ったのですが、この羽蝶蘭。

来年も花を咲かせることが出来るらしいですね。


また来年お会いしましょう、と羽をはばたかせ飛び立ってゆく。

そして、また同じ場所に羽を休めに戻ってくる。

そんな場所が、あなたのお部屋かもしれません。

2011年6月22日

靴型ベース

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



皆さん、このベースの形何に見えますか?

ビーンズのようだ、というのが大半のご意見かもしれません。

しかし、あえて靴という名前をつけたのは(勝手に)、

最近購入した靴がまさにこの形だったからです。


色の違いこそあれ、思わず足を入れてしまいそうなほどそっくりです。

ガラスの靴ならぬ、陶器の靴。

さてさて、拾ってくれるのはどんな王子様でしょうか。

探す手間が省けるよう、名前でも書いておきましょうかね。

2011年6月15日

ゴーヤ

今日もtiarに花がやってくる

彼らのキモチをほんの少し感じてみる


…tiar花…



近年、ツル性の植物を庭やベランダに植え、グリーンカーテンとして、

室内の温度上昇を抑えようという動きが高まっているようですね。

特に、今年は節電対策にも敏感になってきています。


節電、せっかくなら楽しく美味しく。

そんなわけで、今ゴーヤが大変人気のようです。

開花から2〜3週間後には実がなる、というお手軽さも人気の秘密だそう。

市場でも完売が相次ぎ、ようやく見つけたこちら。

早速tiarの店先にも植えましたよ。


ゴーヤが実る頃には、tiarにめんそーれ。おすそわけいたします。

2011年6月15日

山ぶどう

今日もtiarに花がやってくる

彼らのキモチをほんの少し感じてみる


…tiar花…



山ぶどう。日本固有の野生種です。

皆さんも野生の山ぶどうはご覧になったことがあるかと思います。

しかし、野生では実をつけたものはなかなか拝めません。


実はこの山ぶどう。雄株と雌株に分かれていて、オリーブなどのように

1株では実がならないのです。そして、実がなるのは雌株のみ。


ここにいらっしゃいました山ぶどうさんたちは、皆さん女性ということです。

山ぶどう界では、やはり女性強しでしょうか。

人間界もいろいろありますが、実をつける山ぶどうと同じように、

子を宿し、産み、育てる、そんな強さは女性ならではでしょうか。

ホームページ制作はオールインターネット