2012年8月3日

トランスファー

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



先ほどご紹介いたしました東京リボンの新ライン。and*r。

その中でも、一際目を引いた逸品をご紹介いたします。


トランスファー。

カタログの説明によりますと、

“マンハッタンの地下鉄を乗り継いで風の様に移動するかのような、
自由な発想で使いたくなるクリエイティブコード”

とのことでございます。

生憎、利用したことあるのは福岡市営地下鉄ぐらいなもので、

自由な発想というには少々物足りない路線ですが、

まぁそこはお得意の想像力でカバーいたしましょう。


アップタウンに向かうもダウンタウンに向かうも、その日の気分次第。


プラスチックの固いシートに腰かけ、暗闇を突き抜ける車両に身を委ねる。


えっと、確かリボンの話をしていましたよね?

2012年8月3日

and*r

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



東京リボンから、花屋さん向けのラインが登場した模様です。


贅沢な素材を使ったものばかりで、眺めているだけで優雅な気分になれます。


資材屋さんからサンプルをお借りし、実際に手に取りながら、

数点をセレクト、注文しました。


プリザーブドフラワーのアレンジメントなどには、

こういった贅沢なリボンがよく映えます。

ウェディングブーケなど特別な日にも重宝しそうです。


これらを使って、今ちまちまと何やら作成しております。

こちらのラインのコンセプトにもある、

『使い方の定義はあったにせよ、使われ方の定義はなく、
自由で大胆な発想が重なり、よりクリエイティブな空間を
つくり続ける』

tiarの店内が、今まさにクリエイティブな空間になろうとしております。

2012年8月3日

花柄のハサミ

おもしろいものがある 楽しいものがある 幸せがある

いろんなものたちが 花と一緒に輝きだす

…tiarの宝箱…



枝なんか硬いものを切るときには、こういったハサミが重宝します。

しかしですよ、この柄が可愛すぎるではないですか。

クリスマスローズの写真を使ったパターン柄になっています。


乙女の心情としては、この柄を汚したくないわけです。

これは、大きな難点を見つけてしまいましたよ。


そんなわけで、tiarではいまだ登場することもなく、

大切に箱に収められています。


さてさて、切り染めはいつになることやら。

クリスマスローズが咲く頃には、一丁前の仕事をさせてあげたいところです。

2012年8月3日

鳴かぬなら鳴かせてみせよう鈴虫よ

つれづれなるまゝに、日暮らし、花にむかひて、

心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくる

…つれづれtiar…



tiarに夏の来客。


近くの飲食店の店長さんはtiarの家庭菜園仲間(と勝手に思っている)。

tiarよりも熱心に取り組んでいるようで、収穫した新鮮なお野菜たちを

よく差し入れてくれます。いつも美味しく頂いております。


そんな店長さんが、ある日。「鈴虫いりますか?」と一言。


野菜と共にやってきた鈴虫さん6匹。

こちら、卵を購入して孵らせたとのこと。


鈴虫の醍醐味といえば、そりゃリンリーンという鳴き声ですが。

夜しか鳴かないんですね、そうですよね。


しかし、鳴かせてみせようの秀吉タイプの私としては、

夜を待ってばかりもいられません。tiar19時までですからね。

店長さんに聞いたところによると、黒い紙なんかで虫かごを覆ってしまうと、

夜と勘違いした鈴虫が鳴き始めるそうです。


さて、鳴かせてみせるかな。

2012年8月3日

和装の髪飾り

tiarからあなたのもとへ

たった一つの贈り物

届きましたか?

…tiar to YOU…



いつも髪を切っていただいている美容師さん(新郎様)が、

この度ご結婚されることになり、前撮りの髪飾りをご依頼いただきました。


白無垢に打掛2枚。暑い中、野外での撮影なども予定されているらしく、

さぞかし大変だったことでしょう。

小倉まで遠征されるとのことでしたので、花の方も少々心配でしたが、

スチロールボックスと保冷剤のダブル保険が効いたようです。


アーティスティックな写真を残されたいと話していましたので、

その中で花たちがどんな役割を担ってくれているのか…。


後学のためにも、これはひとつ拝見しに行かねばなりません。

髪もちょうどよく伸びてきたことですし。

ホームページ制作はオールインターネット